日本酒を楽しもう!

日本人なら日本酒を!?日本酒についてのあれこれを紹介♪

rainbow

日本酒がうまい

日本酒好きの人間にとっては、日本酒はハードな仕事のストレスを解消してくれる。

眠れぬ夜に快眠をもたらしてくれる。人との楽しい語らいのひとときをさらに楽しくしてくれる。そして、その味わいは時に涙が出るような感動と幸福感をもたらしてくれる。

外国に滞在し、何日ぶりかで居酒屋に行き赤身や白身の刺身にあん肝、湯豆腐にカレイの唐揚げなどとともに純米のほどよい燗酒をおちょこに注いで、口からお出迎えと来ると、日本人でよかったと思う。

けれどその日本酒が今、若い人から敬遠されてきていると聞く。飲めない人間に無理矢理すすめたくはないが、飲む人間は飲めない人に出会うとなぜかとても淋しい気分に襲われる。

確かに一昔前飲まされた酒は、大量の醸造アルコールと糖類が当たり前のように添加されて大量生産されていた。

「酒とはまずいもの」と思いつつ、飲んでは口元をべたべたさせ、二日酔いになり、それでも安いだけが取り柄のそんな酒をお酒だと思っていた時期がある。けれど今は事情が違う。

今ほど日本酒文化が花開いた時代はないし、個性ある日本酒がちょっと手を伸ばせば手に入る。

確かに日本酒は、ほとんどが宣伝力を持たない小さな酒蔵で造られており、すばらしい美酒でもめったに有名になることもなく、近くのコンビニで買えるというわけにもいかない。

しかし、日本酒のよさを知ったら、飲まずにはおれないはずだ。

どこの国の料理にも日本酒が

日本酒に合わない料理はない。

独特な香織を持つチーズやあくの強い春の山菜、苦みの強いサザエなどで燗をやっているとき特にそう思う。

丁寧に造った純米酒の原酒、生酒、新酒、濁り酒、古酒、そして燗酒も仲間に入れることを条件にすれば、全世界の料理は日本酒の配下、と思っていい。

その根拠は、日本酒一滴に含まれる香りと味の成分700種にある。

ウイスキーやブランデーで400種、同じ醸造酒のワインだって600種程度というから、日本酒の奥ゆきの深さと豊かさはダントツなのだ。

個性的な味のシェリーやラム酒、老酒(ラオチュー)や貴腐ワインとの共通項を多く持つってことはつまり、それらの国の料理にも十分対応できるということではないか。日本酒が日本料理とのペアで外国の料理店で飲まれる話はそれなりに素敵な話。だが、たったひとりでも世界に通用する国際酒こそSAKE。

もはや「ライスワイン」ではなく「SAKE」は世界共通語だ。

日本は水を美味しい国。

お酒も美味いが日本は水も美味い。毎日の飲み水にこだわるなら水宅配サービスを利用されることをおすすめします。

管理人自身も実際に使用して、富士のバナジウム天然水を毎日飲んでますよ。

毎日摂取する水分が、身体を作る・・・水にこだわらないわけにはいかないですからね。

比較サイトで良いウォーターサーバーを探すといいですよ。

お勧めでないお酒

日本酒は数えきれないくらいあるけれどその中でも異色なのは大学の名前がついたお酒
「純米大吟醸 三重大学」ってのがあります

これは「弓形穂」という三重大学附属農場で栽培した米を原料として使用し仕込みには三重大学生が麹造りから取り組み
丹精こめた手作りによる究極の地酒「青春純米大吟醸酒」ってことですが知り合いのお酒好きに飲んだ感想を聞いてみました

はっきり言って「まずい」の一言だそうです

味のないアルコールを飲んでいるようで旨味がなんもないので工業用アルコールを飲んでいるようだとまで言っていました

全国新酒鑑評会金賞受賞の「寒紅梅」という酒蔵に協力してもらって作っているそうなのですがその名をけがしてしまっているのではないかというくらいだそうです

なので物珍しいお土産としてはいいかもしれませんがそれだけだということです
ただ大吟醸梅酒の方の「三重大学」はそこそこおいしいそうです

解禁

最近ようやくお酒を解禁しました。

ずっと授乳中で、今現在もまだ授乳中ですが、少し間が開くようになったのでたまにたしなむ程度で楽しんでいます。
飲みたくても飲めないときは、ノンアルコールビールや酎ハイテイストのノンアルを飲んでいました。
ノンアルコールも最近は進化していて、かなりビールに近づいてきました。何だか飲んでいるだけで酔っ払いそうな気分になります。
しかし、やっぱりホンモノのビールを飲んでみたら、美味しい!!

ノンアルとは全然違いますね。やっぱり飲める人たちがノンアルを飲まないはずです。
発泡酒すらまずく感じてしまいました。そして私といえば、缶ビール一本飲むだけで酔っ払ってしまいました。
昔はもっと飲めたけどなあ。

でもこんな程度で酔えるなんて、安上がりでいいじゃないとも思えます。やっぱり母となり主婦となると考え方も変わりますね。
みんな子育て世代はお金に困っていたり、お金と向き合わなくてはいけないことが多いみたいですよね。
みんなの金欠暴露ウェブ
子どもがもっと大きくなったら旦那と晩酌できるようになるかしら。居酒屋にも行って酔い酔いに酔っ払ってみたいです。
私の今の夢。

はげ隠しに帽子を取り入れ始めた夫

夫はおしゃれが大好きです。洋服もよく買っていますし、靴にもこだわりがあって「この店じゃないとだめ」というくらいです。しかしそんな夫も30歳を過ぎたころからだんだん髪の毛があやしくなってきました。夫の父親もはげているので絶対にはげるとは思っていたのですが、まさかこんなに早くはげ始めるとは思いませんでした。

どんなにおしゃれをしても髪が薄ければ全くきまりません。夫はかなり焦っていて育毛剤やサプリなどを調べています。夫のはげ仲間にあるサプリで劇的に髪が生えたという人がいるらしいのですが、サプリを止めた途端に一気にまたはげたそうで、サプリに手を出すなら一生飲み続けなければならないという葛藤があり、なかなか手が出せないようです。

最近では髪を隠すために帽子集めに力を入れており、ここ数か月で帽子の数が一気に増えました。私個人としては帽子ははげを加速させると思うので、あまり良くない気がするのですが、帽子をかぶらないとおしゃれをしてもきまらないそうで、休日はいつも帽子をかぶっています。

名古屋でエステならどこがいいかな?

名古屋でエステというとやっぱり栄かな?お買い物でよく行ったけど、結構勧誘しているエステティシャンを見かけたよ。私も若かりし頃、声をかけられたことがあった。相当疲れた顔をしていて、「この人ならエステに来てくれる!」と思ったのだろうか?

そのときの口説き文句は「今ならまだ間に合います」って言われた。ということは・・・今はもう間に合わないということか(TmT)なんて落ち込んでみたりして。
どうなのかどうかは良くわからないけど、私の場合は、勧誘してくるのはたいてい痩身エステのような気がする。

脱毛エステの勧誘って受けたことないんですよね。実は、エステの中では一番興味があるのは脱毛エステなんだけどね。

家庭用脱毛器どう違うのかとか色々気になることが多くて、家庭用脱毛器を買おうかどうか悩んでるんで、脱毛エステで勧誘してきたら聞いてみたいんですよ。

でも、この前行ったときはいなかったなぁ。やっぱり街で勧誘しちゃうとお客さんも警戒しちゃうからかな。栄ならエステの帰りにお買い物もできるし、オフィスも結構あるから仕事帰りでも便利だよね。

仕事帰りなら、名駅が一番便利かもしれないけど、名駅はどちらかというとオフィスビルが多くて、居酒屋とか習い事の教室とかが多いような気がするなぁ。
休日に時間を気にせずゆったり栄に行ってエステしてショッピングしてくるっていうのもいいよね。

桐島、部活やめるってよのラストシーンに感動!

妻に勧められて、最近オンラインビデオ配信サービスを介して桐島、部活やめるってよという映画を見ました。私は普段ドラマやアニメを見ても映画を見ることは稀です。というのは、映画の場合は少なく見積もっても1時間半は時間を取られますから、その時間はわざわざとり分けなければならず、もし内容がしょうもないものだったらやり切れない気持ちになるからです。

しかし、この映画は大正解でした。この映画ではスクールカーストの上位に所属しながら主体性のない生活を送っていた学生たちが桐島君というスターとの関係が崩れたことで著しく動揺し、その関係に全く依存していた自分のアイデンティティを見つめなおさざるを得なくなるという内容です。しかし、クラス内の階級では最下位に当たる映画部の面々は入学当初からずっと自分のしたいことに打ち込み、クラスメートからは決して評価されないながらも主体性のある高校生活を送り続けます。

そんな映画のラストシーンで、階級の最上位に位置する菊池宏樹君が、最下位の映画部前田涼也君に「将来は映画監督ですか?」と半ばふざけ半分で問いかけます。しかし、前田君は菊池君以上に自分のことを客観的に理解していたのです。「映画監督は無理」とはっきり述べ、そのうえで、映画と関わっていると幸せになれるといいます。つまり、現実を受け入れたうえで、自分の好きな道を歩んでいるのです。逆に自分を持たずにただ桐島君との関係に依存してきた菊池くんは、自分には何もなかったことを悟り、思わず泣いてしまいます。

人から評価されないということは人生において山ほどあります。しかし、主体性をもって生活することの大切さを教えてくれたこの映画は大変素晴らしい作品だと思います。

※オンラインビデオ配信サービスについて→Hulu 評判

日本酒の注ぎかた

お店で日本酒をオーダーすると枡に入れてくれるところがありますよね。
そして目の前で日本酒を注いでくれますが、お皿の上の枡に溢れるくらい注いでくれます。
あれって贅沢で何だか「和」の雰囲気を醸し出していると思うんです。初めて見たときは「何!?」って違和感感じたのですが、これも日本酒を楽しむ演出として最高のお酒の飲み方じゃないかなあって思います。

というのも日本酒を飲むときって、ビールなどと違ってゆったりした気分でのんびりと「ちびちび」飲みますよね。
「ちびちび」っていう言葉の響きがケチ臭い印象もありますが、日本酒の飲み方を表すにはぴったりの言葉だと感じます。

我が家では日本酒を食事のときに飲む習慣はないのですが、祖父が昔晩酌で熱燗を飲んでいたことを思い出します。
古き良き日本っていう感じが哀愁を感じさせます。

飲むだけでなくその風情を感じることが出来る日本酒は日本の文化としていつまでも飲み続けていって欲しいと思います。

日本酒造り

日本酒造りは昔から「一麹、二酛、三造り」といわれます。江戸時代以降、農閑期の冬から春にかけて酒造りが行われ、酒造を職業とする杜氏が複雑な製造工程を確立してきました。

まず、蒸した米に麹菌を植えて麹を作ります。この麹に蒸した米と水、、酵母を合わせて「酛」を作ります。このお酒の包みには、その生酛造りについて書き込まれています。「生酛づくりとは、江戸時代の元禄年間から伝わる自然的純粋酵母培養法で、現代に通じる最も正統的で完成された技術です。

ペースト状に丹念にすりつぶしたお米と麹をまず天然の乳酸菌で発酵させ、乳酸の力で雑菌をはね返しながら、長い時間をかけて純粋で精強な酵母を育て上げます。本物を育てる大いなる時と、妥協を許さぬ職人の矜恃。大七の生酛づくりは、手間と修練に裏打ちされた“最高の品質”をお約束します。」福島県二本松から届いた逸品です。福島頑張れの気持ちとは関係なく、おいしい酒でした。

生酛

地酒

旅行といっても日帰りが中心ですが、ちょっと県外まで出かけると、つい、地酒を買ってしまいます。

土産物店に入ると、たいてい地酒のコーナーがあります。そこで、物色するんですが、狙いは純米酒。

大吟醸とかはうまいんだろうと思いますが、やっぱり値段が張ります。

純米酒なら、体によさそうというのもあります。もう一つのこだわりは「辛口」。

別に辛口でなくてもいいんですが、気持ちの中では、甘口の酒には砂糖が入っているような気がしているんです。

その程度のこだわりで地酒を眺めて一本か2本買ってきます。

今回飲んだのは、蒜山高原まで行ったんじゃなく、岡山から訪ねてきた知人がお土産といって買ってきてくれた物です。

「原酒」は醸造用アルコールも砂糖も入ってました。結構フルーティで、妻も飲みやすいって言ってました。

「高原の泉」は純米酒。辛口で、私好みでした。

1-225x300